再春館グループでの聞こえ改善プロジェクトが、CALL CENTER JAPAN「特別編集版」に掲載されました。

20191116CCJ

メディア:CALL CENTER JAPAN「特別編集版」(2019年12月号付録)
タイトル:耳からはじめる働き方改革  “圧倒的な聞きやすさ” を訴求
本文  :
〜「耳」のストレスから離職も!経営損失になりうる大きな課題〜
再春館グループの経営理念は、「お客様がいきいきと年を重ねることを応援」することにある。再春館システムでも、「老化に伴う困りごとを解決できないか」という観点でITビジネスを展開してきた。ー中略ー

〜脳科学の観点から「聴こえやすさ」に迫る〜
mimiyoriは、「音声情報を高精細化し、脳が認識しやすい音を実現する」ことを目指して開発。専用アンプを通すことによってノイズを大幅に低減することに成功した。ユニバーサル・サウンドデザイン社が開発した難聴者向けスピーカー「コミューン」に活用されている「SonicBrain」技術を活用したものだ。ー中略ー

再春館製薬所のコールセンターでは、すでにテスト運用がはじまっており、オペレータの反応も良好だという。耳に対する負荷軽減によって、オペレータの対応にゆとりが生まれ、現場では「お客様の対応品質も向上するのは」と期待も大きい。
再春館システムでは、2020年春からの販売を予定している。価格は未定だが、すでに販売パートナーとして名乗りを上げている会社もあるという。

20191116CCJ-1

私たち再春館システムには、再春館製薬所のグループ企業として30年以上培ってきたノウハウがあります。
お客様満足からのリピート購入頂ける形を実現し、通販業者様の売上安定と “末長いお付き合い” の関係構築をご支援致します。
コールセンター、顧客管理(CRMシステム)関するご依頼・ご相談はお気軽にお問合せください。